ワードプレスで作成したブログに、プラグイン「CSV Importer」を使って「Microsoft Office Excel 2007」で編集したCSVで大量の記事をインポートする方法をご紹介します。「Microsoft Office Excel 2007」で編集したCSVは「CSV Importer」ではインポートが出来ませんでした。そこで色々調べたり試してインポートに成功した方法をご紹介させていただきたいと思います。

CSV Importerのインストール

 ワードプレスのダッシュボードのメニューの「プラグイン」をクリックして「新規追加」をクリックして下さい。「CSV Importer」を検索してインストールしてプラグインを有効化して下さい。有効化が完了するとダッシュボードのメニューの「ツール」に「CSV Importer」が追加されます。

文字コードが違う

インポートする為のデータを作っていきます。CSV Importerでインポートする時の文字コードはUTF-8なので文字コードを変換する必要があります。「Microsoft Office Excel 2007」で編集したCSVの文字コードはShift_JISです。

サンプルCSVのダウンロード

まずは「サンプルCSV」をダウンロードして下さい。「右クリック」 ⇒ 「名前を付けてリンク先を保存」です。

CSVにデータを記載

csv_post_title → 記事タイトルを記載

csv_post_date → 日時を記載

csv_post_type → 記事としてインポートの場合post 固定ページとしてインポートの場合page

csv_post_categories → カテゴリ

csv_post_tags → タグ

csv_post_post → 記事本文

csv_post_excerpt → 抜粋

csv_post_author → ワードプレスのダッシュボードのメニュー、ユーザー、ユーザー一覧のユーザー名を記載

他にも項目はありますが、簡単に記事をインポートするために項目を少なくしています。他の項目はインターネット上で「CSV Importer 項目」などで検索してみて下さい。とてもわかりやすい記事が色々あります。

サンプルCSVを「Microsoft Office Excel 2007」で、データを記載して下さい。

TeraPadを使用する

CSVの作成が完了しましたら、フリーのテキストエディター「TeraPad」をインストールして下さい。インストールが完了しましたらTeraPadでサンプルCSVを開きます。

すると各データがダブルクォーテーションで囲われていないことが確認できます。つまり「値がダブルクォーテーションで囲われて、カンマ区切りのCSV」になっていないことが「Microsoft Office Excel 2007」で編集したCSVが「CSV Importer」でインポート出来ない原因の一つです。

ダブルクォーテーションと文字コード

「Microsoft Office Excel 2007」で編集したCSVを「CSV Importer」でインポートするには、文字コードをShift_JISからUTF-8に変更して、各値をダブルクォーテーションで囲う必要があります。

UTF-8に変更

まずはインポートしたい記事のデータを記載し、作成したCSVの文字コードを変更します。TeraPadでサンプルCSVを開きます。上部のメニューの「編集」から「すべて選択」をクリックします。すると全データが選択された状態になりますのでコピーします。念の為、メモ帳にコピーした内容を貼り付けて下さい。

そして、TeraPadのほうの上部のメニューの「ファイル」から「文字コード指定再読込」からUTF-8を選びます。すると文字化けしたほうになっているので、上部のメニューの「編集」から「すべて選択」をして、キーボードの「Back Space」などで消して下さい。そして先ほどメモ帳にコピーした内容をすべて選択してコピーしてTeraPadのほうに貼り付けて下さい。

そして、TeraPadのほうの上部のメニューの「ファイル」から「上書き保存」を押して保存して下さい。これで文字コードがShift_JISからUTF-8に変更されあした。あとは各値をダブルクォーテーションで囲う必要があります。

各値をダブルクォーテーションで囲う

各値をダブルクォーテーションで囲うために、とても役立つソフトがCassava Editorです。こちらから手に入れて下さい。Cassava Editorのダウンロードが完了しましたら「Cassava.exe」でソフトを起動して下さい。「ファイル」から「開く」で、先ほど文字コードを変更したCSVを開いて下さい。そうすると文字化けしているので上部のメニューの「ファイル」から「文字コード指定再読込」からUTF-8を選びます。UTF-8でデータが正しく保存されている事が確認できます。

次に、上部のメニューの「オプション」から「オプション」を選択しデータ形式から「CSV(アクティブ)」を選択し、クオート部分の「全てのセルを””で囲む」を選択しOKを押します。

そして次に上部のメニューの「ファイル」から「名前を付けて保存」で保存して下さい。TeraPadで保存したサンプルCSVを開くと各値が全てダブルクォーテーションで囲われている事が確認できます。

これで「Microsoft Office Excel 2007」で編集したCSVを「CSV Importer」でインポート出来るデータに変更することが完了しました。

CSVの分割

ここでデータ量が多いとインポートが途中で止まるようです。130文字くらいの文章をインポートしてみると400記事で止まってしまいました。ですのでデータ量が多い場合はCSVデータを分割して分けてインポートすると良いと思います。私が使用したCSV分割ソフトは「csvcut」です。簡単に分割できます。csvcut.exeでソフトを起動してデータファイル名でCSVを読み込んで「分割行数」に希望の数字を入れて分割します。

インポート

ワードプレスのダッシュボードのメニューの「ツール」から「CSV Importer」をクリックします。「Import posts as drafts」にチェックを入れると下書きとしてインポートしますので、下書きではなく公開状態でインポートしたい場合は「Import posts as drafts」にチェックを入れないで下さい。

これで、ファイルを選択してインポート完了です!

お疲れ様でした!!

1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」


【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」


月5万円メルマガアフィリエイトメール講座

まずは、この講座を無料で受講して月に5万円を稼いで下さい。